相続分割を有利にする2つの方法

相続分割中の方。また、これから相続分割になりそうな方。相続分割はできるだけ有利に進めたいものですよね?

以下のような不安や悩みをお持ちではないですか?

大丈夫です、ご安心ください。このページで紹介する、2つの方法を理解していれば、相続分割を有利に進めることができます。

一.遺産分割協議書を作る

1.遺産分割協議書は遺言に優先

遺産分割協議書というのは、相続人同士の話し合いの合意書です。遺産分割協議書は、遺言を上書きするような効力があります。

たとえば、長女と長男が相続分割をするとします。そして、遺言では、長女に全財産を与える、と書かれていたとします。

しかし、長女と長男が話し合いをして、遺産分割協議書を作ってしまえば、遺産分割協議書が優先します。たとえば、長女が2/3、長男が1/3を相続する、という遺産分割協議書を作れば、長男も相続することができるのです。遺産分割協議書があれば、遺言の内容は、相続分割に影響しません。

2.遺産分割協議書は民法に優先

たとえば、長女と長男が相続分割をするとします。このとき、民法では、長女と長男が半分ずつで相続分割すると決められています。

たとえば、長女が3/4、長男が1/4を相続する、という遺産分割協議書を作ってしまえば、長女は民法の規定よりも1/4多く相続できることになります。遺産分割協議書があれば、民法の規定は、相続分割に影響しません。

二.隠し財産を調べる

1.財産を隠されている可能性は高い

ほかの相続人を出し抜こうと、相続財産を隠すということは、よく行われています。相続財産を隠してしまえば、相続分割の対象になりません。隠した本人は、隠し財産を独り占めできてしまうのです。

もちろん、財産隠しは違法です。しかし、実際に、財産隠しが行われるケースは多いのです。

2.財産隠しの手口は様々

相続分割における財産隠しの手口は以下のようなものがあります。

3.弁護士は財産調査のプロ

弁護士は相続分割の依頼を受けると、まず財産調査をします。弁護士にだけ認められている照会請求という制度を使って、隠し財産を洗い出すことができます。また、有能な弁護士は、不動産や金融の専門家・関係者のネットワークを使って、照会請求で明らかにならなかった、隠し財産を見つけることもできるのです。